樹脂・添加剤

ポリエチレンテレフタレート(PET)樹脂

概要・特長

ポリエチレンテレフタレート(PET)樹脂は、透明性や強度に優れ、ガスバリア性が良いことから、容器包装や工業用部材、各種シートなどさまざまな用途で使用されています。
当社では、チタン化合物を触媒に用いたグレードを新規に開発し販売しています。さらには、アンチモン化合物を触媒として使用したグレードも販売しています。

特長

当社PET樹脂の特長は以下の通りです。詳細はお問い合わせください。

チタン系触媒PET樹脂

  1. 1.チタン金属は、従来からPET樹脂の製造に触媒として使用されているアンチモン金属やゲルマニウム金属のように特定の地域に偏在する希少金属ではなく、安価で安定的に調達が可能です。
  2. 2.チタンは、歯科材料に用いられるように衛生的で安心な金属です。
  3. 3.チタン化合物は触媒活性が高いので、使用量を少なくする事ができ(アンチモン化合物の約1/20、ゲルマニウム化合物の約1/10)、焼却時の金属残渣も少なく地球に優しい製品です。
  4. 4.当社が開発したチタン化合物触媒で製造されたPET樹脂は、優れた色と透明度を持っています。
  5. 5.ホモPET樹脂から第三成分共重合PET樹脂まで幅広く取り揃えており、分子量も用途に応じて選択することが可能です。

アンチモン系触媒PET樹脂

  1. 1.ホモPET樹脂に加え、第三成分を共重合することで透明性やガスバリア性など、さまざまな特性をもたせた特殊PET樹脂を、幅広く準備しています。
    また、分子量の低いものから高いものまで取り揃え、必要とする機械的特性や成形性等も選択することが可能です。

グレード一覧

食品衛生性

  • 日本

    食品衛生法各種公示、ポリオレフィン等衛生協議会ポジティブリストに適合
    (グレードにより適合状況が異なりますので、詳細はお問い合わせください)

  • USA

    FDA CFR§177.1630に適合
    (グレードにより異なりますので、詳細はお問い合わせください)

チタン系触媒グレード

特性 単位 測定方法 TRN-MTJ TRN-8550FF TRN-RTJ TRN-8580FH
極限粘度 dl/g 自社法 0.53 0.77 0.64 0.80
色相
(b値)
- 自社法 -3 -1 -2 0
融点 DSC 256 252 252 252
結晶化速度 速い 速い 速い 速い
共重合 なし なし なし なし
最適用途 射出成形品 射出成形品
射出ブロー成型品
シート用
射出成型品
延伸フィルム
繊維
射出成形品
射出ブロー成型品
シート
特性 単位 測定方法 TRN-RTJC TRN-8580FC TRN-8580FC5 TRN-8385FC
極限粘度 dl/g 自社法 0.64 0.81 0.76 0.81
色相
(b値)
- 自社法 -2 0 -1 -1
DEG含有量 wt% 自社法 1.3 1.3 1.3 1.3
融点 DSC 249 247 240 238
触媒 チタン系 チタン系 チタン系 チタン系
結晶化速度 やや速い やや速い 遅い 遅い
共重合 あり あり あり あり
最適用途 射出成形品
延伸フィルム
繊維
射出成形品
射出ブロー成型品
特殊シート
射出成型品
肉厚成形品
特殊シート
肉厚成形品
特殊シート

アンチモン系触媒グレード

特性 単位 測定方法 TRN-8762 TR-BB
極限粘度 dl/g 自社法 0.80 0.88
色相
(b値)
- 自社法 -4 -4
融点 DSC 251 245
触媒 アンチモン系 アンチモン系
結晶化速度 速い やや速い
共重合 なし あり
最適用途 射出成形品
射出ブロー成型品
シート
射出成形品
射出ブロー成型品
シート
特性 単位 測定方法 TRN-3324AC TRN-8384AC TRN-3320AC TRN-8380AC
極限粘度 dl/g 自社法 0.64 0.89 0.67 0.88
色相
(b値)
- 自社法 0 -2 -2 -2
DEG含有量 wt% 自社法 1.3 1.3 1.3 1.3
融点 DSC 243 238 229 225
触媒 アンチモン系 アンチモン系 アンチモン系 アンチモン系
結晶化速度 遅い 遅い かなり遅い かなり遅い
共重合 あり あり あり あり
最適用途 肉厚成形品
特殊シート
肉厚成形品
大型成型品
特殊シート
超肉厚成形品
特殊シート
超肉厚成形品
大型成型品
特殊シート
  • *本表に記載の数値は代表的な数値であり、特定の用途での性能を保証するものではありません。
  • *2016年1月時点

技術情報

当社で開発したチタン系触媒PET樹脂は、射出成型、射出ブロー成型、押出し成型のみならず、繊維、二軸延伸フィルム用原料に適したグレードを取り揃えています。

帝人製チタン系触媒PET樹脂の特徴

  1. 1.アンチモンフリー

    一般的に重合触媒として使用されている、アンチモン系触媒を使用していません。
    成型用途では、重金属*1フリーの製品を提供することが可能です。
    繊維用途においては、染色・アルカリ減量処理等の後加工工程において、処理液中に重金属を溶出することがありません。

*1. 比重が5以上の金属を重金属と定義しています。

  1. 2.生産性向上

    紡糸時の口金周辺の堆積物が少ないため、清掃周期を数倍に延ばすことができます。
    フィルム製膜時には、ロールに付着する白粉が少ないため、ロール清掃周期を伸ばすことができ、射出成形時には金型に付着する白粉が少なく、金型清掃周期を伸ばすことができるなどの特徴を有します。
    (グレードにより効果は異なりますので、詳細はお問い合わせください)

295℃で48時間紡糸後の口金のホール写真

帝人製チタン系触媒使用チップ紡糸時

堆積物高さ:0~1 µm

アンチモン系触媒使用チップ紡糸時

堆積物高さ:10~ 38 µm