樹脂・添加剤

ポリブチレンナフタレート(PBN)樹脂

概要・特長

ナフタレンジカルボン酸(NDC)と1,4-ブタンジオールの重縮合でできる結晶性樹脂です。

特長

NDC由来のナフタレン骨格を有するため、以下に示すユニークな特長を持っています。

            
  1. 1.摺動性に優れる
  2. 2.低溶出性
  3. 3.耐薬品性に優れる
  4. 4.ガスおよび水蒸気バリア性が良い
  5. 5.結晶化速度が速い

グレード一覧

一般物性

特性 単位 測定方法 測定条件 PBN PBT
比重 g/cm3 ASTM D792 - 1.31 1.31
成形収縮
(1.5mm)
自社法 流れ方向 1.16 1.67
直角方向 1.26 1.67
引張強度(最大) MPa ASTM D638 - 65 52
引張伸度(最大) ASTM D638 - 87 >200
曲げ弾性率 MPa ASTM D790 - 1,920 2,550
衝撃強度
(1/8インチ)
J/m ASTM D256 ノッチ付 34 34
ノッチ無 NB NB
表面硬度 - ASTM D785 ロックウェル M102 M75
融点 DSC法 - 243 225
ガラス転移点 DSC法 - 78 22
熱変形温度 ASTM D648 荷重:1.82MPa 77 58
  • *上記値は標準試験方法による代表的な数値であり、特定の用途での性能を保証するものではありません。
    また内容は予告なく変更することがあります。

技術情報

摺動性

試験条件
  対同材質 対鋼
荷重 5kg/m2 5kg/m2
速度 0.2m/sec 0.5m/sec
走行距離 180m 450m

耐薬品性

有機溶剤
薬品種類 PBN PPS PEEK PES PET PBT
エチレンジアミン A A A D D D
エタノール A A A A A A
酢酸エチル A A A B B B
トルエン A A A A A B
アセトン A A A D C B
キシレン A A A A A A
アルカリ(PH14)
薬品種類 PBN PPS PEEK PES PET PBT
アンモニア水 28% A A A A D A
水酸化Na 10% A A A A B A
水酸化Na 30% A A A A B B
酸(PH1)
薬品種類 PBN PPS PEEK PES PET PBT
ギ酸 A A A B C C
酢酸 A A A A B B
濃硝酸 D D D D D D
濃塩酸 A A A B B B
その他、還元剤、酸化剤
薬品種類 PBN PPS PEEK PES PET PBT
過酸化水素 30% A A A A A A
次亜塩素酸Na A A A A A A
塩化Na飽和水溶液 A A A A A A
A
変化なし(重量変化1%以下、引張破断強度保持率95%以上、外観変化なし)
B
若干の変化有り(重量変化率1%~10%、引張破断強度保持率95~70%、外観変化)
C
変化大(重量変化 10%以上、引張強度保持率70%以下、外観変化大)
D
溶解

PBN樹脂の成形について

1.成形装置

通常の射出成形機、金型で成形可能です。押出、切削加工も可能です。

2.成形操作
  1. (1)予備乾燥

    成形の前にペレットの乾燥を必ず実施してください。
    最適乾燥条件は、140℃で3~5時間です。(熱風乾燥機使用)

  2. (2)成形条件

    成形条件は、個々の製品にあったものが必要であるため、詳細はそれぞれの製品について設定をお願いします。

    1. 樹脂温度

      270℃~300℃で成形可能です。好ましくは275℃~295℃で成形をお願いします。

    2. 射出成形

      通常600~1200kg/cm2の範囲で射出成形できます。しかし残留応力やバリの発生を避ける為、1000kg/cm2以下で射出成形できるよう、他の条件を調整してください。

    3. 射出速度

      中速~高速が適しています。

    4. 金型温度

      30~140℃の範囲で射出成形できますが、通常は60~120℃の金型温度で良好な成形品が得られます。
      高温での成形品を使用する場合、あるいは厳密な寸法精度が要求される場合には、金型温度の高い方が良い結果が得られます。